結婚式にリゾートウェディングが人気!その魅力に迫る

挙式スタイルを把握する

挙式スタイルには、神前式、教会式、人前式の3つがあります。
それらの中からどのスタイルを選ぶのかは、個々の好みにもよって異なります。
挙式スタイルを決めるときは、お互いの意見を尊重しながら、きちんと話し合うことが大切です。

また、身近な友人の体験談を参考にするとよいでしょう。
特に、挙式間もない人の話からは、最新情報が得られるかもしれません。
もちろん、職場の先輩などの意見もヒントになりますよね。
双方の親をはじめ、人生の先輩からのアドバイスには、重みが感じられるのではないでしょうか。

なお、昔ながらの形式や和装を希望するのなら神前式、ウェディングドレスに憧れるのなら教会式がおすすめです。
形式にこだわらず、みんなで盛り上がりたい人は人前式を選ぶとよいでしょう。

必要な条件を具体的に決める

結婚式を挙げるに際しては、いろいろなプランが思い浮かんできます。
その課程で、絶対に譲れない条件がでてきます。
しかし、それぞれの我を通すだけでなく、妥協して歩み寄ることも必要になります。
また、その線引きが難しいところです。

新郎・新婦だけが願う条件があるかもしれません。
極端な話ですが、ドレスにお金を掛けたいなど、新婦のこだわりが大きい場合もあるでしょう。

一方、食事メニューを充実させる、家族旅行を兼ねて挙式したいなど、出席者に重点を置くケースも少なくありません。
出席者の人数調整も見逃せない課題。
小さい子どもや高齢者に配慮した場所を選ぶことも大事ですよね。

結婚式は、当日の主役だけでなく、出席者に満足してもらえることが大きなポイントです。
そのためにも、必要な条件を具体的に絞り込んでいきましょう。